オシャレなカフェで、英会話をもっと日常に取り入れて楽しもう!

 

英語を勉強したいと思う人の理由は、下記のように人によってさまざまではないでしょうか。

 

・仕事上、どうしても必須となった
・就職をする時にアピールし有利にしたい
・海外旅行で現地の人と会話をして楽しみたい
・外国人と国際交流をしたい
・外国人の友達が欲しい
・洋画を字幕なしで理解したい
・単にかっこい

 

また、その勉強法も現在では色々な方法があります。
その中でも一番の早道は語学留学する事になります。
ただ、社会人の方にとっては、そう簡単に気軽にできる方法ではないので今回は対象外としました。

 

 

英語学習方法のメリット・デメリット

1.英会話教材による独学

 

 【メリット】
  ・自分の都合で空いた時間に自由に勉強することができる。
  ・自分の理解度の応じて復習したり予習をしたりする事ができる。
  ・購入した参考書等の教材で勉強するため、一度購入すると費用負担が少ない。

 

 【デメリット】
  ・基本、一人での独学なので飽きてしまう。
  ・参考書を買った事で満足してしまい、あと続かない。

 

 自力学習なので、続ける強い意志と忍耐がかなり必要です。

 

 

2.英会話スクール

 

 【メリット】
  ・実際に外国人講師とネイィティブな会話ができる。
  ・細かい発音などの指導が直接受けられる。
  ・外国語を話せるようになりたいという、同じ目標をもった人と出会う事ができる。

 

 【デメリット】
  ・レッスンの予約など、時間に制約を受けてしまう。
  ・通学に時間がかかる。天候により行きたくなくなる。
   仕事帰りは疲れているため足が遠のく。
  ・通っているということだけで満足してしまう。
  ・レッスン時間の延長等、場合によっては費用が高くなる

 

 外国人が直接指導をしてくれるので、しっかりやればそれなりに身に付けることができます。

 

 

3.オンラインで英語学習

 

 【メリット】
  ・自宅にいながら外国人の講師とマンツーマンで授業が受けれる。
  ・自分の都合の良い時間にレッスンを予約できる。
  ・好きな場所でリラックスしてレッスンが受けられる。
  ・合わないようなら、講師を変えられる事もできる。

 

 【デメリット】
  ・相手と直接会うのではなく、オンラインで学ぶので違和感を感じる事がある。
  ・ネット環境により、レッスン中に回線の不具合が起こる可能性がある。
  ・母国語が英語でない講師になることがある。(なまりがあるなど)
  ・サポートの良し悪しがスクールによって大きいという意見もある。

 

 手軽に簡単に学習を始めることがきます。
 但し、個人に応じたサポート体制が弱い部分があります。
 また、講師がアルバイト等の方が多いので講師によっては教え方が雑の場合があります。

 

 

まったく新しい形の英会話学習

 

 

お茶やコーヒー等を片手に好きな時間にすきなだけ、しかも定額制で通い放題で会話ができる、まったく新しいカフェスタイルの英会話をご紹介します。

 

英語カフェってどんなところ?

 

英語カフェとは、オシャレなカフェやカフェ風のスペースで、お茶やコーヒーを飲みながら外国人スタッフや同じ英語を学びたい人とコミュニケーションを楽しむ、まったく新しい英会話学習ののスタイルです。
日常会話からスラングや恋バナまで、”生きた英語”を学べると、これまでに約10,000人以上の方が体験されています。
フレンドリーな外国人の講師がやさしくリードしてくれるので、はじめての方でも通いやすい英会話です。
講師も国や人種が違う方々がいるので、発音も微妙に違い、色々な生の英語を学ぶ事ができます。

 

場所や時間に制限がないため、日常に入りやすく、日々の生活に英会話を取り入れることができます。
趣味の英語をたくさん話したい方、外国人や同じ趣味の友人を作ることができます。
仕事で英会話を使う方などにピッタリな英会話カフェです。
レベル別に分かれているので、初心者でも安心です。
テキスト等は特になく、日常会話がメインとなるので自然な会話を楽しむ事ができる。

 

英語はたくさん他の人と会話をすることで、どんどん上達をしていきます。
英会話スクールなど、限られた時間だけ講師の方と英会話をするよりも、自分の空いてる時間に、もっともっと話したい!と思う方にはおすすめです。

 

まずは、無料の体験もあるので、オシャレで新しいスタイルの英会話を試してみてはいかがでしょうか。
きっと、今までとは違う世界が広がるはずです。

 

 

月額税込み3,278円から通い放題の英会話カフェLanCul


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
LINEで送る