犬や猫が死んだら飼い主としてどうするべきか知ってますか?

長い間、大切な家族の一員として、いつもそばにいてくれて、あなたの心を癒してくれた犬や猫が、突然天国へ旅立ってしまうと、何も手がつかないぐらい大変なショックですね。
心にぽっかりと穴が開いたような・・・・

 

でも、その子達も、あなた方にたくさんの愛情で満たされて、きっと短い幸せな一生を過ごせたのではないでしょうか。
最後にしっかり供養をしてあげて、安心して天国へ旅立てるように導いてあげましょう。

 

 

犬や猫が死んでしまった時の対応方法

1.死後硬直
一般的に亡くなってから2~3時間後に死後硬直が始まります。
硬直してしまうと目が開いたままになったり、身体が伸びきった状態で固まってしまうため、その前に身体の状態を整えてあげましょう。

 

まずは、目や口が開いていたら優しく閉じてあげましょう。
口は硬直するまで、布などで固定しておくと開かなくなります。
また、目はティシュなどでをまぶたに被せて閉じるようにしてあげてください。

 

手足が伸びきった状態ですとダンボールやお棺に入らなくなるので、硬直が始まる前に手足の関節を曲げて、寝てるような丸い状態にしてあげましょう。
またその際、お湯で湿らせて軽く絞ったタオルで身体を拭いてお清めと毛並みを整えてあげてください。

 

 

 

2.安置
ダンボール等の箱を準備し、タオルやシーツを敷いた上に、そっと寝かしてあげます。
個体差にもよりますが、亡くなってから約12時間〜18時間後に硬直が緩んできます。
その時に口・鼻・肛門から液体が出てくる事がありますので、濡れたタオルやガーゼで拭き取った後、鼻の穴や肛門にガーゼを詰めてあげてください。
また、箱底から体液が漏れないように、ビニールや新聞紙(吸水シートがあればベスト)を敷いておきましょう。

 

亡くなるとその時点から腐敗が始まります。
腐敗の進行を遅らせるために、直射日光の当たらない涼しい場所に安置します。
そして、自宅にある保冷剤や氷等を使って、頭とお腹を重点的に冷やしてあげてください。
その際、保冷剤や氷等の水滴が身体に付くと、腐敗進行の原因になるので、水滴が付かないようにタオル等で包むとよいでしょうあ。保冷効果も持続しやすくなります。
尚、安置可能な目安は以下の通りです。
・保冷剤を使う場合:夏場で約2日間、冬場で約4日間
・ドライアイスを使う場合:夏場で約7日間、冬場で約8日間

 

 

 

葬儀の準備

 

葬儀の方法としては、大きくわけて土葬、火葬、地方自治体の引取りの3種類があります。
私の経験からすると、ペット専門業者に葬儀を依頼するのをおすすめします。
土葬の場合、私有地に埋葬することは問題ありませんが、近隣への腐敗臭のを配慮等が必要です。
また、地方自治体でも引き取ってくれ金額も安価ですが、あくまでもペットとしての扱いになるため葬儀とは決していえません。

 

家族の一員として、感謝の気持ちを精一杯込めて、天国でも今まで以上に幸せになってもらうよう供養するには、やはりペット専用の葬儀業者に依頼するのがおすすめです。

 

 

犬が亡くなった場合に必要な手続き

犬が亡くなった場合、市役所または自治体に30日以内に死亡届け出の提出が必要です。(猫は不要)
なぜ犬だけかというと、「狂犬病」の観点から、提出が義務付けられているからです。

 

もし、届け出をしなかった場合は、引き続き市役所から狂犬病の予防注射等のはがきが郵送されてきます。
狂犬病予防法により、狂犬病の予防注射をしなかった場合は、多額の罰金になるので注意が必要です。

 

大切なペットが亡くなって、まだ心が癒えてないつらい時期とは思いますが、義務付けられてることなので、しっかり行いましょう。

 

 

犬の死亡届けで必要なもの

死亡届けは、市役所に申請書がありますので記入して提出しましょう。
また、市役所によっては、申請書をパソコンからのダウンロード、または電子申請ができる場合がありますので、市役所に確認をしてみてください。

 

申請書の必要事項としては、「飼い主の住所」、「名前」、「犬の死亡年月日」、「登録番号」が必要です。

 

提出物として、「死亡届申請書」、「犬鑑札」、「狂犬病予防注射済票」が必要です。

 

 

感謝を込めて

私も約13年間、家族の一員として暮らしてた愛犬(ジャック・ラッセル・テリア)が天国へ旅立ちました。
嫉妬心が強く、やんちゃな子で困らせる事も多かったですが、いつもその愛くるしい瞳に負けてしまい癒されてました。
亡くなった時はもちろん、しっかりした葬儀をして今までの感謝を込めて天国に送ってあげたいと思い、この葬儀会社へお願いをしました。
ここは、日本全国24時間365日、無料相談や受付のほか、緊急時にも対応してくれますので大変助かりました!!
私の周囲にも犬や猫を飼ってる方が多く、私のすすめもあり、親戚や友人達もここを利用をして大満足してくれてます。

 

 

大切な家族の一員を亡くし、すぐには気持ちを切り替えるのは、難しいと思いますが、今までの感謝の気持ちをしっかり伝えて、天国で見守ってくれるように供養をしてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

トップページ


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
LINEで送る